2019年01月23日

遮熱断熱塗装のメリット

4139c34ec9518bd796212f2d4f8a99c2_m.jpg快適な住まいを実現させるために必要なことはたくさんありますが、その一つが、塗装工事です。
なお、塗装工事と一言で言っても屋根、外壁、内壁と言った具合に、色々な箇所があります。
そんな塗装工事の中でも、遮熱断熱塗装と言うものがあり、さまざまメリットがあるのが嬉しいところです。
遮熱断熱塗装には、遮熱断熱効果があるため、室内の空気質が改善されることになり、夏は涼しく、冬暖かな環境を実現させることができて、住宅を快適なものにしてくれて、地球温暖化対策になります。
遮熱断熱塗装は、エコ塗装に遮熱断熱と色々な特徴がありますが、これだけではなく、防音効果もあると言う優れものです。
屋根や天井、壁を通過する音を低下させる効果があるため、静かな環境を作ることができます。
また、特殊セラミックの作用により、有害な菌から守ってくれる防菌効果があるのです。

さらに、結露の発生量を低下させたり、他にも数多くの効果もある充実ぶりで、快適な住環境を確保してくれるのが魅力でしょう。
posted by ookoshitoso at 10:27| Comment(0) | 塗装豆知識

2019年01月22日

雨漏りしている状態を放置する危険性

2015_JIO_n_2049_45_2.jpg戸建て住宅で暮らしていると様々な問題が起きます。
その中でも、天井からの雨漏りは深刻です。
天井から雨漏りがする場合は、大抵は屋根が劣化していたり、屋根の瓦やスレートがずれていたりすることが原因でしょう。
屋根が原因で雨漏りをする場合には、できるだけ早急に修理することが必要となります。

ただし、修理代金をケチってお金が貯まるまで修理したがらない人がいるのも事実です。

特に、雨漏りをしているのに放っておくと大変になります。
放っておくことで壁内に湿気が溜まってしまい、断熱材が濡れてしまうのです。
内断熱型の断熱材はいったん濡れるとなかなか乾かないという問題があります。
それだけならマシですが、ひどい時には、柱や間柱が腐ってくるのです。
さらに腐食箇所が増え、土台が腐ってしまうと今度は耐震性に問題が生じ、大地震の時に倒壊しかねません。
これを修理するには数百万円のお金がかかり、雨漏り修理の何十倍もの修理代がかかり、首が回らなくなる恐れもあります。
雨漏り修理は、できるだけ早めにやって置くのが鉄則です。
posted by ookoshitoso at 11:20| Comment(0) | 塗装豆知識

2019年01月21日

外壁のセルフチェックポイント

nurikae_choking.jpg外壁は大事な家を守る盾のようなものですから、定期的に状態をチェックして劣化の兆候が見られる場合などには早めに対策を打つ必要があります。
そこで外壁の劣化具合を自分でチェックするポイントとしては、まず外壁にヒビ割れがないかをチェックしましょう。
これは目で見てすぐにわかるポイントであるため、ぐるりと家の周りを回るだけでも状態の確認をすることが可能です。
同じく見て確認できる方法として、外壁の塗装表面が膨れ上がっているかどうかというものがあり、塗装が劣化することによって表面が膨れ上がってくることがあるので、このような点に注意して外壁を観察してみましょう。
外壁に藻やカビがあるかも重要なポイントであり、外壁が劣化してくるとこれらのものが発生することもあるので、劣化のサインを見逃さないことが大切です。
手で触って確認をする方法もあり、外壁を触って手に白い粉がつくチョーキング現象が起きている時にも外壁が劣化をしているサインとなります。
このような劣化のサインが見受けられたときには、早めの塗装の塗りなおしで建物寿命を延ばすことができます。
posted by ookoshitoso at 11:18| Comment(0) | 塗装豆知識